新着情報

◆2016/08/22
住み込みバイトのつらいとこの情報を更新しました。
◆2016/08/22
運営者情報を新規投稿しました。
◆2016/08/22
住み込みバイトをしているとついつい引きこもりがちになってしまう恐れがありますの情報を更新しました。
◆2016/08/22
住み込みバイトではさまざまな先輩や同輩達と共同生活するストレスがありますの情報を更新しました。
◆2016/08/22
サイトマップの情報を更新しました。

住み込みバイトのつらいとこ

住み込みバイトには住み込みバイトに特有のつらいことがたくさんあります。
ですから、よいことばかりではなく、住み込みのバイトのつらいこともしっかり理解した上で求人に申し込むことが大切です。
ytyt

住み込みでバイトする場合には仕事を中心に生活しなければなりません

住み込みのバイトでは、基本的にその仕事を中心とした生活を送ることを求められます。
住み込みバイトの雇い主は、バイトがその職場で働くために住まいを提供しているからです。
また、多くの住み込みのバイトは、週5日は働くことになっていますから、気軽に友人と遊びに出かけたり、ライブなどのイベントに参加することも難しくなります。
住み込みの場合、社員寮やマンションで他のアルバイトの方々と共同生活を送ることになるので生活上の役割を担う必要がある場合もあります。
具体的には、掃除や洗濯、料理、ゴミ出し、買い出しなどの日々の家事です。
その他、バイト先によってはさまざまな生活上の規則があるので、バイト先に住み込んだ場合、生活上の個人的な自由は著しく制限される傾向にあります。

住み込みのバイトでは同輩から先輩までさまざまな人とうまく共同生活することが求められます

住み込みバイトは寮などで、その職場の社員や同じアルバイトの方と共同生活する必要があります。
先輩から後輩まで気があう人ばかりであったなら何も問題ありませんが、同じ仕事を選んだ人々でも、必ずしも気があう人ばかりが集まるとは限りません。
ですから、住み込みのバイトをする場合には、毎日の寝食から仕事まで、気のあわない人がいたとしても、一日中生活をともにしなければならないことを受け入れることが必要です。
また、仕事をする以上、どうしてもバイトと上司とでは上下関係が厳格に存在するので、常に上司と部下の礼儀を意識して生活することが求められます。
例えば、廊下ですれ違った際、朝起きた時、朝と昼と夕の食事の時など、先輩や上司の方と顔をあわせたらきちんと挨拶しなければなりません。
住み込んだ共同生活の場には、同時に入ってきた同輩以外に、上司も先輩もいっしょに生活していることを理解し、さまざまな形で気を使うことが大切です。

住み込みのバイトをする際には勤務条件をしっかりと確認することが大切です

住み込みのバイトをする前には、しっかりと住み込むにあたっての勤務条件を確認することが重要です。
雇い主の数だけ勤務条件はさまざまなので、正当な条件を提示している企業もあれば、不当な条件を提示している企業も存在します。
例えば、給料も業務も同じ二つの企業があっても、会社によって住居費が無料のところもあれば有料のところもあります。
住居費だけでなく、光熱費や水道代、食事に関しても同様に、そこで住み込みのバイトをするにあたって、どこでいくらお金が引かれるのか厳密に確認することが大切です。
また、住居費や光熱費、水道代、毎日の食事代が無料で提供と宣伝していても注意が必要です。
バイトに採用され、実際の現場に向かったら研修の費用や仕事で使う作業着や制服、道具などのありとあらゆる名目で多額の料金を給料から引く悪質な業者も存在します。
住み込みのバイトにはいいところもたくさんありますが、同様につらいこともたくさんあります。
つらいことを理解して、口コミや体験談などを確認し、住み込みのバイトの実際の様子を事前に確認してから求人に申し込むかどうか検討するようにしましょう。